19/10月号 田中康夫の新ニッポン論75「カジノの見える丘公園」

19/10月号 田中康夫の新ニッポン論75「カジノの見える丘公園」

PDF>>>PDF

http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2019/09/92d7abe484c47c267fb7e470fa7991b5.pdf

本文原稿はこちらをクリックすると全文が表示されます。

「港の見える丘公園」がお好きですか? それとも「カジノの見える丘公園」をお望みですか?

紛糾する「横浜カジノ問題」にTVで触れると、「お前は何時からハコモノ行政マンセー派に転向したのだ!」と笑止千万な脊髄反射メールが届きました。

情弱な御仁は「クルーズ船も横付け可能な保税地域の山下ふ頭に(会場面積で世界77位と10万平米にも満たない東京ビッグサイトを超えて)他国に伍する25万平米規模の見本市展示場を民設・民営で設けるハーバーリゾートこそ、持続可能な雇用と活力を地元に生む」と力説し、今や“横浜のマハティール・ビン・モハマド”に擬せられる藤木幸夫日本港運協会副会長の卓見が理解不能なのです。

47万平米のハノーバー、40万平米の上海、37万平米のフランクフルト、35万平米のミラノには及ばぬものの、実現したなら24万平米のパリ、シカゴより広く、広州、雲南省の昆明(クンミン)、ケルン、デュッセルドルフに次ぐ世界9位。だだっ広い「ハコモノ」は、関東大震災クラスの大災害時に「ノアの箱舟(ひなんじょ)」として活用可能。96年前、横浜市の死者は2万5千人。5倍の人口だった東京市は陸軍本所被服廠(ひふくしょう)跡地での犠牲者を除くと2万8千人。半農半漁の寒村が「文明開化」で国際港湾都市へと変身した歴史の中で殆ど語られていない惨劇です。

カジノありきのIR統合型(インテグレーティッド)リゾートは迷路のような建物内で宿泊も食事も完結させる「令和の囲い込み運動(エンクロージャー)」。藤木氏が牽引するYHR横浜港ハーバーリゾート協会の構想は対極です。出展者や来場者は中華街に出掛け、近隣のホテルで商談や宴会を行い、その間に伴侶や子供や祖父母もエンターテインメントを楽しめる、売り手・買い手・世間の「三方良し」。

ゴールドラッシュに沸いた19世紀半ばに“命の洗濯場所”としてネバダ砂漠に誕生したラスヴェガスが、世界最大のCES全米家電見本市、IBMやアップルの新製品発表会を誘致し、バリー・マニロウ等のショーも充実させ、1973年に浜田幸一氏が5億円を擦った往時から「ファミリー・デスティネーション」へと変貌を遂げた教訓にも学んだ上での構想です。

冒頭のメールには「したり顔でカジノの素人が語るな」と叱責の言葉も記されていました。お言葉ですが、ドナルド・トランプが「囲い込み運動」で大火傷を負ったアトランティック・シティこそ未訪問なれど、計10ヶ国11箇所のカジノに足を踏み入れた経験を有します。ラスヴェガス、マカオ、シンガポール、オーストラリアのパース、モナコのモンテ-カルロ、フランスのリヨン、イタリアのカンピオーネ・ディタリア、南アフリカのサンシティ、アゼルバイジャンのバクーetc。

バクーは、オリガルヒと呼ばれるロシアの富豪がシロヴィキと呼ばれる高官を「接待」する場所として、映画『007 ワールド。イズ・ノット・イナフ』に登場。雇った「プロ」がディーラーと示し合わせて敢えて負け、「合法的」資金洗浄(グリーン・ウォッシュ)を完遂する仕組が描かれます。他方、艶麗(えんれい)な女性が「待機」する夜總會(やそうかい)とセットで中国の高官を富裕人士が「接待」していたマカオは好事魔多し、習近平の腐敗撲滅運動で失速気味です。

欧州には、1963年から営まれる世界最古でジャコモ・カサノヴァも通ったイタリアのヴェネチア、マレーネ・ディートリッヒが「世界で最も美しいカジノ」と称揚したドイツの温泉保養地バーデン=バーデンに象徴される、モナコのモンテ-カルロとも趣を異にする小振りで上品なサローネが存在します。ギンギラギンな東南アジアのカジノを公費で視察して半可通(はんかつう)を気取る公人が知らない世界。

国際カジノ研究所主宰の木曽崇氏曰く、5千億~8千億円を外資カジノ事業者は投資するから日本企業側も同程度を出資せねば産業として根付かないと明言。ありゃま、「カジノの見える丘公園」は、持続可能な成長戦略として実現可能かな?

「不毛なカジノ是非論争を超えて」まとめサイト
http://tanakayasuo.me/mice
文字起こし&動画 2019年8月28日 TOKYO MX モーニングCROSS 田中康夫 不毛なカジノ是非論争🎰 Part 3 カジノの実像 MICEの概念 持続可能な経済効果とは何か
https://nippon2014be.hatenadiary.jp/entry/2019/08/28/120404

10月1日売り「出版人・広告人」でも「田中康夫の『だから、言わんこっちゃない!』出張版」として
「黒船軍団の利権『囲い込みカジノ』は巨大温泉ホテルと同じオワコンだ! 公金で海外視察の国会議員と真逆な自腹主義のYa‘ssy 10ヶ国11箇所の家事の体験に基づき、
井川意高氏とは異なる視点で看破!」と題して4頁、特別寄稿しています。
発売当日にアップしますのでご期待下さい!

PR
田中康夫
PR
web_staffをフォローする
政治家ブログまとめ