小泉進次郎

衆議院議員(神奈川11区・自民党)1981年4月14日生まれ
公式ブログ(アメブロ)
公式ホームページ
政くらべ情報ページ
小泉進次郎

新時代の社会保障改革ビジョン(1) 給付削減か負担拡大ではない、新しい第3の道(リバランス)へ

おはようございます。小泉進次郎です。 4月18日自民党の厚生労働部会で発表した「新時代の社会保障改革ビジョン」について、何回かに分けて説明をしていこうと思います。 1回目はこのビジョン発表に至った基本的な考え方について。 徹底的な国民目線で取り組んできた「国民起点プロジェクトチーム」 私が昨年の10月に厚生労働部会長に就任した際、部会の中に二つのプロジェクトチームを立ち上げました。 一つは厚生労働行政の効率化に関する「国民起点PT」(PTはプロジェクトチームの略です)。このPTでは、厚生労働省...

小泉進次郎

ワシントンでスピーチをしました。

こんばんは。小泉進次郎です。 5/3(金)米国ワシントンのシンクタンクCSISでスピーチをしました。CSISは12年前、私が国会議員になる前に働いていた場所です。 会場に来てくれた200人を超える皆さん、米国内、日本からオンラインで見てくれた方々、本当にありがとうございました。 英語で30分を超えるスピーチは、日ごろ多くの場で話しをする私にとっても緊張の時間でしたが、準備も含めて自分に負荷をかけることで鍛えられた機会になりました。 また、私のスピーチの後には、ワシントンを訪れていた山下貴司法...

小泉進次郎

「国会」の景色が変わる瞬間

こんばんは。小泉進次郎です。 「『平成のうちに』衆議院改革実現会議」の元、昨年6月より取り組んできた国会改革は、会議の名前の通り「平成のうちに」前進があり、国会の景色が変わる瞬間を見ることが出来ました。 今日の衆議院の内閣委員会で、衆議院では初めて委員会の委員長と質問に答える大臣がタブレットを利用しました。これは民間企業ではすでに普通に行われていることかもしれませんが、国会の委員会においてはすごい進歩で、実現に至るまでに、ここに携わる一人一人の国会議員が「改革」に挑んだ結果です(タブレットを使う...

小泉進次郎

「新時代の社会保障改革ビジョン」を発表しました。

こんにちは。小泉進次郎です。 先週、「新時代の社会保障改革ビジョン」を自民党の厚生労働部会で発表しました。 2016年4月「レールからの解放」をスタートに、この3年間様々な提言・取りまとめをしてきましたが、令和の時代に向けて、日本の社会構造を変革する基軸となるうる政策提言になりました。 「レールからの解放」ではおぼろげに見えていたこれからの社会の形が、「新時代の社会保障改革ビジョン」の7つの改革によって形を作り上げる設計図になったと思います。 少し長いですが、まずビジョンの全文をじっく続きをみる...

小泉進次郎

38回目の誕生日を迎えました。

こんばんは。小泉進次郎です。 昨日は大阪で選挙応援でしたが、今日は、地元の横須賀市、三浦市で市議会議員選挙がスタートしたため、一日地元で選挙応援に回りました。私は今日、4月14日で38才になりました。8月には政治家になって10年の節目を迎えますが、改めて地元の方々に支えられ、ここまで来たことに感謝の気持ちでいっぱいです。 今年は統一地方選挙、衆議院の補欠選挙、夏には参議院選挙と続き、選挙イヤーと言われていますが、統一地方選挙前半が終わり、強く感じるのは、選挙への関心が本当に低い、ということです。...

小泉進次郎

「オフィシャルサイト」リニューアルのお知らせ

こんにちは。小泉進次郎です。 オフィシャルサイトを大幅にリニューアルしました。 私の政策や活動を一覧にすることで、わかりやすくまとめました。 横須賀・三浦の皆さんとの「交流」や、厚労部会長として「人生100年時代の社会保障」を実現するための取り組みなども紹介していきます。 ぜひご覧ください。 ■オフィシャル続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 ...

小泉進次郎

「働き方改革」

こんにちは。小泉進次郎です。 4月1日から「働き方改革関連法」が順次施行となります。国民の働き方が、時代に合わせて変化していくことは大切です。健康を害するほど長時間勤務をすることは、誰にとっても幸せなことではありませんから。一方で、杓子定規のルールばかりに縛られるのは、かえって柔軟な働き方の妨げにならないかという懸念もあります。 人生100年時代は、これまで以上に長く働く時代になります。だからこそ、すべての人にとって働くことが楽しいと思える社会にしたい。一人一人の状況に合わせて、働き方を選択でき...

小泉進次郎

平成最後の3.11

おはようございます。小泉進次郎です。 8回目の3月11日を迎えました。 自民党青年局のTEAM-11(チーム・イレブン)で、震災から約2年後の2013年2月11日に福島を訪れた際、りんご農家の阿部さんから「福島の復興を本気でやってほしい。風評被害の払しょくに国として真剣に取り組んでほしい」と厳しく言われました。 私は翌日の予算委員会の質問にたち、阿部さんの言葉に触れ、総理大臣や復興大臣に政府の早期対応の徹底をお願いしました。今でも、あの時阿部さんから言われたことは、忘れられません。 9年目に入...

小泉進次郎

なぜ、国会改革に取り組むのか。

こんばんは。小泉進次郎です。 2月4日、予算委員会で質問に立ちました。 厚労省の統計問題の不正が中心でしたが、国会改革にも触れました。これはテレビ中継を通じて、国民に予算委員会の景色を見て欲しいと思ったからです。予算委員会では質問があってもなくても、全大臣が7時間もの間、座っていなくてはなりません。そんな大臣の働き方は国民の皆さんが望んでいることなのでしょうか?改めて、国会改革の必要性を痛感しました。 厚労省の問題も、理由は複数あり、国会改革を行うことで解決する話しではありませんが、答弁要求が...

小泉進次郎

明日から第198回通常国会が開会します。

こんばんは。小泉進次郎です。 明日から第198回通常国会が開会します。 「平成」という元号としては、最後の国会になると思うと、いつも以上に身が引き締まる思いで開会を迎えます。例年同様、年末にはムロツヨシさん、兄の孝太郎と一緒にリラックスした時間もありました。また今日までは地元の横須賀・三浦の新年会回りなど、年始らしいイベントも多くありましたが、同時に厚労省の不祥事対応など、国会会期中と変わらない日々でもありました。 明日からは正式に150続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されており...