山本一太

次の群馬県知事に不可欠なビジネス感覚と経営のセンス〜産官学連携の仕組みをどう作れるかが重要!

2019年5月14日:パート2 間もなく昼。午前10時からの外交防衛委員会に出席。約1時間半の審議を終え、(少し前に)議員会館事務所に戻ってきた。 先ほどから、弘前大学CIO(革新的イノベーション創出プログラム)が作成した「革新的『穏やか力』創造拠点」という冊子を読んでいる。CIOのプロジェクトの目的は「短命県(青森)を返上して、世界人類の健康づくりを推進する」ことだ。この先進的な試みに感銘を受けた。新しい群馬の創生プランを考える上でも、参考になる情報が満載だ! この構想を読んで、改めて痛感した。「なるほど、県のどんな事業を展開するにも、民間との連携(産官学の協力態勢)が極めて重要なんだな!」と。 2ヶ月後の厳しい戦いを勝ち抜いて知事になった自分の姿を想像してみる。僭越ながら、他の知事に続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』